〈2010〜    〉

   
2011
『怪談レストラン』
落合正幸
2010 劇場版「怪談レストラン」製作委員会.
2011
『ホームカミング 虹の丘タウンで起こったこと』
飯島敏宏
ホームカミング製作委員会
2010
『春との旅』
小林政広
「春との旅」フィルムパートナーズ
2010
『七瀬ふたたび』
小中和哉
「七瀬ふたたび」製作委員会
2010
『戦闘少女 血の鉄仮面伝説』
井口昇
東映ビデオ
西村喜廣
坂口拓
2010
『昭和の紅い灯』
愛川欽也
愛川企画

〈2000〜2009〉

   
2009
『Dear Heart -震えて眠れ』
井坂
「Dear Heart -震えて眠れ」製作委員会
2009
『BATON』
北村龍平
円谷プロダクション
2009
『降りてゆく生き方』
倉貫健二郎
プレサリオ
2009
『プライド』
金子修介
ヘキサゴンピクチャーズ、
エクセレントフィルム
2008
『JOHNEN定の愛』
望月六郎
東映ビデオ、楽映舎
2008
『King Game』
江川達也
ステアウェイ
2008
『ノン子36歳(家事手伝い)』
熊切和嘉
ゼアリズエンタープライズ、
ステアウェイ
2008
『いつも二人』
愛川欽也
愛川企画
2007
『鎧 yoroi』
坂口拓
ギャガコミュニケーションズ、
TIME LINE BASIL
2007
『大阪ハムレット』
光石富士朗
アートポート、円谷エンターテインメント、エクセレントフィルム
2007
『魁!!男塾』
坂口拓
ぜアリズエンタープライズ
2007
『同窓会』
サタケミキオ
『同窓会』製作委員会、
エクセレントフィルム
2007
『黄昏て初恋』
愛川欽也
愛川企画
2007
『人が人を愛することのどうしようもなさ』
石井隆
東映ビデオ、オービー企画
2007
『あなたを忘れない』
花堂純次
映画『あなたを忘れない』プロジェクト
2007
吉本100本映画
『パンティストッキングダイナマイト』
麒麟 川島
吉本興業、泉放送製作
2007
吉本100本映画『水たまり』
村上ショージ
吉本興業、泉放送製作
2007
吉本100本映画『ゆび水』
千鳥大悟
吉本興業、チェイスフィルム
2007
吉本100本映画『夢だけが人生やない』
笑福亭松之助
吉本興業、チェイスフィルム
2007
吉本100本映画『十四階段』
板尾創路
吉本興業、チェイスフィルム
2007
吉本100本映画『究極の愛』
品川庄司
吉本興業、チェイスフィルム
2007
吉本100本映画『ニュース』
後藤輝基
吉本興業、チェイスフィルム
2007
『愛しのOYAJI』
三石史郎
真樹プロダクション、MGP
2007
『リアル鬼ごっこ』
柴田一成
セディックインターナショナル、
ユニークブレインズ
2007
『逃亡くそたわけ』
本橋圭太
Cinema Weave、CINEHOUSE
2006
『DEATH NOTE 前編・後編』
金子修介
日本テレビ、日活
2006
『神の左手 悪魔の右手』
金子修介
東芝エンタテインメント、松竹、
衛星劇場、アルチンボルド
パノラマ・コミュニケーションズ、
2006
『明日の記憶』
堤幸彦
オフィスクレッシェンド
2006
『手紙』
生野慈朗
2006『手紙』製作委員会、
ギャガ・コミュニケーションズ
2006
気仙沼映画祭上映
『ええじゃないか、ニッポン 気仙沼伝説』
小林政広
葵プロモーション
2006
『Saru phase three』
葉山陽一郎
Softgarage、楽映舎
クリエイティブ・ファッツ
2005
『またの日の知華』
原一男
疾走プロダクション
2005
『Strange Circus奇妙なサーカス』
園子温
エクセレントフィルム
2005
『フィギュアなあなた』
石井隆
 
2005
『KARAOKE−人生紙一重ー』
辻裕之
エクセレントフィルム
2005
『2/2』
伊藤秀裕
エクセレントフィルム、
中京テレビ放送、GP・GATE
2005
『花と蛇2 パリ/静子』
石井隆
東映ビデオ
2004
『花と蛇』
石井隆
東映ビデオ
2004
『炎と氷』
辻裕之
エクセレントフィルム
2004
『D.P』
千葉誠治
フィルムフェイス、KSS
2004
『メシアー伝えられし者たちー』
千葉誠治
フィルムフェイス
2004
『少年と星と自転車』
福原進
『少年と星と自転車』製作委員会
2004
『おにぎり』
斎藤耕一
映画『おにぎり』製作委員会、
齋藤耕一プロダクション
2004
『杉に生きる』
花村彪
 
2004
『ワイルド・フラワーズ』
小松隆志
『ワイルド・フラワーズ』製作委員会
2004
『ムーンライト・ジェリーフィッシュ』
鶴見昴介
ホリプロ
2003
『犬と歩けば チロリとタムラ』
篠崎誠
アルゴ・ピクチャーズ、ハチヤマ、
映像2000
2003
『Hard Luck Hero』
SABU
 
2003
『福耳』
瀧川治水
アルゴ・ピクチャーズ
2003
『女はバス停で服を着替えた』
小沼勝
ルビイ、アルゴ・ピクチャーズ、
鹿追映画製作委員会
2002
『ピカレスク 人間失格』
伊藤秀裕
エクセレントフィルム、グランプリ
2001
『クロエ Chloe』
利重剛
サンセントシネマワークス
2001
『プラトニック・セックス』
松浦雅子
クロスメディア・デスティニー
2001
『親分はイエス様』
斎藤耕一
グルーヴキネマ東京、グルーヴコーポレーション、日本映画投資機構、
2001
難波金融伝ミナミの帝王劇場版
『PRIDEプライド』
萩庭貞明
KSS
2001
難波金融伝ミナミの帝王劇場版
『借金極道』
萩庭貞明
KSS
2001
難波金融伝ミナミの帝王劇場版
『借金セミナー』
萩庭貞明
KSS
2001
難波金融伝ミナミの帝王劇場版
『商工ローン 保証人の落とし穴』
萩庭貞明
KSS
2001
『TOKYO.G.P.』
石井隆
KSS
2001
『富江 re-birth』
清水崇
大映
2000
『フリーズ・ミー』
石井隆
KSS
2000
『NAGISA/なぎさ』
小沼勝
フィルムシティ

〈1990〜1999)

   
1999
『ガメラ3 邪神覚醒』
金子修介
大映
1999
『富江』
及川中
 
1999
『皆月』
望月六郎
日活、フィルム・シティ
1999
『新・唐獅子株式会社』
前田陽一
アルゴ・ピクチャーズ
1999
難波金融伝ミナミの帝王劇場版
『リストラの代償』
萩庭貞明
KSS
1999
『黒の天使 vol.2』
石井隆
松竹
1998
『黒の天使 vol.1』
石井隆
松竹
1998
難波金融伝ミナミの帝王劇場版
『PART XII』
萩庭貞明
KSS
1998
難波金融伝ミナミの帝王劇場版
『PART XI』
萩庭貞明
KSS
1997
難波金融伝ミナミの帝王劇場版
『PART X』
萩庭貞明
KSS
1997
難波金融伝ミナミの帝王劇場版
『PART IX』
萩庭貞明
KSS
1997
『まむしの兄弟』
村川透
東映
1997
『ドリーム・スタジアム』
大森一樹
 
1996
『難波金融伝ミナミの帝王劇場版』
萩庭貞明
KSS
1996
『ガメラ2 レギオン襲来』
金子修介
KSS
1996
『GONI N2』
石井隆
大映
1995
『難波金融伝ミナミの帝王劇場版』
萩庭貞明
KSS
1995
難波金融伝ミナミの帝王
『スペシャル劇場版』
萩庭貞明
KSS
1995
『GONIN』
石井隆
ぶんか社、
イメージファクトリー・アイエム
1995
『ガメラ 大怪獣空中決戦』
金子修介
KSS
1995
『3たびの海峡』
神山征二郎
松竹
1995
『女帝』
すずきじゅんいち
KSS
1995
『エンドレス・ワルツ』
若松孝二
松竹
1995
『斬り込み』
福岡芳穂
イメージファクトリー・アイエム
1994
『夢魔』
唐木隆一
日活
1994
『これがシノギや!』
西村昭五郎
イメージファクトリー・アイエム
1994
『天使のはらわた 赤い閃光』
石井隆
キングレコード、TV東京、
ビデオチャチャンプ
1994
『800 TWO LAP RUNNERS』
廣木隆一
サントリー、ポニーキャニオン、
ニュー・センチュリー・プロデューサーズ
1994
『難波金融伝ミナミの帝王劇場版』
萩庭貞明
KSS
1993
『ヌードの夜』
石井隆
サントリー、NCP
1993
『結婚〜中井・鷲尾御両家篇〜』
長尾啓司
セシール
1993
『元禄女太陽伝』
渡辺寿
ゆまにて、シネマ・パラダイス
1993
『大病人』
伊丹十三
ITAMI FILMS INC.
1992
『ミンボーの女』
伊丹十三
ITAMI FILMS INC.
1992
『ザ・ギャンブラー』
矢作俊彦
日活
1992
『魚からダイオキシン!!』
宇崎竜童
KSS、フロム・ファースト、
DENグループ
1992
『当選確実』
石川均
森田フィルムズ
1992
『エロティックな関係』
若松孝二
KSS
1992
『8マン すべて寂しい夜のために』
堀内靖博
リム出版
1991
『![ai-ou]』
堤幸彦
東宝、スタッフ・シーカ&フットワークプロダクション
1991
『ふたりだけのアイランド』
すずきじゅんいち
中京テレビ、名古屋観光サービス、豊島
1991
『おいしい結婚』
森田芳光
東宝、サンダンスー・カンパニー
1990
『1990牡丹燈篭』
磯村一路
サザンクロスビデオアーツ
1990
『ギャツビー/僕らはこの夏ネクタイをする!』
磯村一路
ビックバン、ジャパンホームビデオ
1990
『ボクが病気になった理由』
鴻上尚史
大森一樹
渡邊孝好
アルゴプロジェクト
1990
『あげまん』
伊丹十三
ITAMI FILMS INC.

〈1980〜1989〉

   
1989
『砂の上のロビンソン』
すずき
じゅんいち
ウルトラ企画、ビックバン
ジャパンホームビデオ
1989
『家族輪舞曲』
椎名桜子
ユピテル・コミュニケーションズ・インターナショナル
1989
『スウィートホーム』
黒沢清
伊丹プロダクション
1988
『悲しい色やねん』
森田芳光
東映、サンダンスー・カンパニー
1988
『1999年の夏休み』
金子修介
NCP、SPEビジュアルワークス
1988
『マルサの女2』
伊丹十三
伊丹プロダクション
1987
『マルサの女』
伊丹十三
伊丹プロダクション、ニュー・センチュリー・プロデューサーズ
1987
『いとしのエリー』
佐藤雅彦
フジテレビ
1987
『新宿純愛物語』
那須博之
 
1985
『テラ戦士ΨBOY』
石山昭信
ニュー・センチュリー・プロデューサーズ
1984
『お葬式』
伊丹十三
伊丹プロダクション
1983
『家族ゲーム』
森田芳光
にっかつ撮影所、NCP、ATG

Copyright@2008 Yamazaki art Co.,Ltd.All Right Resrved.
  有限会社山ア美術
〒205-0812
東京都稲城市矢野口1766-3
TEL: 042-377-3671
FAX: 042-377-3673
Mail to: info@yamazaki-art.co.jp