POLICY
   
 
btn
btn
btn
btn
btn
btn
美術部の役割は作品によって非常にハイレベルであり多種多様な世界感、新しい空間を作り上げなければなりません。ストーリーに臨場感を持たせ、感動、喜びを与えられる様に細かい心遣い、気遣い、の中から物作りが生まれます。
セットでは壁周り、窓、柱、等の使い込んだ感、ヨゴシ、エージング、家具のトータルコーディネート、茶碗一つ、書物1冊までの生活感で世界は拡がっていきます。
特に時代劇では時代考証、資料収集、ロケハン、近未来作品では、建築物、小物一つまでのイメージ造り、現代劇ではリアリティ以上の完成、作品にマッチした空間造り等、幅広いジャンルに対応していきます。
美術では台本が出来るとイメージ画、監督との打ち合わせ、ロケハン、プロダクションとの予算決め、オールスタッフ打ち合わせ、クランクインまでは手間がかかるものです。
楽しい時間です。図面が決まると大道具さんとの打ち合わせ、次は装飾です。装飾(デコレーション、デコレーター)と呼ばれ、飾り一つでセット良くも悪くもなってしまう位です。非常に大切なパートです。
当社スタッフでは美術、装飾、小道具を一貫してトータルコーディネートし、各クライアント、プロダクション(映画、テレビ、CM、プロモーションビデオ、イベント)に対応し、現場では巾広く部門関係なくせっきょく的に作業して行くプロ集団です。
テレビでは美術プロデューサー、デザイン、美術進行、装飾、小道具、持道具、メーク、建具、造園、生花など、総合予算からクリエイティブ、空間、デザイン、物造りのノウハウをトータルコーディネートをしていきます。
ワンシーン、ワンカット、一つずつつみあげて一つの作品が出来ます。根気よくていねいに作品を造る事が我々スタッフの仕事です。
Copyright@2008 Yamazaki art Co.,Ltd.All Right Resrved.
  有限会社山ア美術
〒205-0812
東京都稲城市矢野口1766-3
TELL: 042-377-3671
FAX: 042-377-3673
Mail to: info@yamazaki-art.co.jp